失敗のない*本格濃厚カルボナーラ

失敗のない*本格濃厚カルボナーラ

Description

【100人れぽ感謝いたします】
本格カルボナーラを簡単に…
イタリアンで働くお友達に教えてもらった小技で極上失敗なしです

材料 (1人分)

パスタ(1.6mm~やフェットチーネがお奨め)
90~100グラム
オリーブオイル...A
30cc
にんにく(粗微塵切)...A
1個(国産普通サイズ)
ベーコン(適当な大きさに切る)...A
適量
卵黄...B
2個分
生クリームまたは(生クリーム:牛乳=1:1⇒あっさりが良い方はこちらがお奨め)...B
40cc
パルミジャーノ擦りおろし(粉チーズでもOK)...B
適量(私は大さじ1弱)
黒胡椒...B
適量
玉葱(薄くスライス)
1/5個(中サイズ)
塩コショウ
適量
黒胡椒...★

作り方

  1. 1

    写真

    『ボールA』『ボールB/パスタの茹で汁を溜める大きめの物』『パスタの茹で汁をきるザル』を用意しておく。

  2. 2

    写真

    『ボールA』に《材料B》を入れてよく混ぜておく。

  3. 3

    写真

    大きな鍋に《水2~3リットル》を入れて《パスタをゆでる湯》を沸かし始める。
    沸騰近くなったら《0.8%の塩》を入れます

  4. 4

    通常のパスタは《お湯1Lに対して10cc》⇒《1%の塩》で茹でますが、仕上がりの塩味を考慮して《0.8%の塩》で茹でます

  5. 5

    【塩の分量】
    *水2L⇒塩16cc/大さじ1強
    *水3L⇒塩24cc/大さじ1+小さじ1弱

  6. 6

    (5)の《茹で汁の塩の量》も味を決めます。
    またパスタの食感も変わります
    *(3)が沸騰したら《微弱火》で待機させます

  7. 7

    写真

    冷たいフライパンに《材料A》を入れて《弱火》にかける。
    *《ベーコン》は好みで、もう少し後でもOKです。

  8. 8

    写真

    《(7)のニンニク》が少し色付き《ニンニク/ベーコン》の香りがオイルに移ったら《玉葱》を入れて軽く《塩コショウ》をする。

  9. 9

    (10)の火加減を《弱めの中火》にして《玉葱》に火を通す。
    《パスタ》がまだ茹で上がってない場合は一旦火を止めます。

  10. 10

    同時進行で(6)に《パスタ》を入れる。
    表示時間より《1分~1分30秒》早く引き上げて固めに茹でます
    *火加減は《弱火

  11. 11

    【注意点】
    グツグツ沸騰させ続けると《茹で汁の塩分の濃度》が濃くなって、塩辛いパスタになってしまいます。

  12. 12

    パスタ投入前も投入後も《弱火》で《鍋の中が》グツグツしない様に気をつけて下さい。
    *軽くフツフツとしている状態がベスト

  13. 13

    写真

    予め『(1)のボールB』に『パスタの茹で汁をきるザル』をセットしておく。

  14. 14

    写真

    アルデンテに茹で上げたパスタ》を(13)のザルにあげる。
    茹で汁は下のボールに溜めます。
    *全て溜めなくてもOKです。

  15. 15

    写真

    《(14)のパスタと茹で汁30cc(大さじ2)》を(9)に入れて《中火》にかける。
    オイルをよく絡め『乳化』させます。

  16. 16

    写真

    《(2)のボールA》をサッと再び混ぜて(15)のフライパンの中身を全て入れる。
    すぐによく和えます。

  17. 17

    写真

    《(16)のパスタの入ったボールA》を《熱い茹で汁の入ったボールB》に浮かべて『湯煎』でよく温めながら和える

  18. 18

    【注意点】
    (16)(17)で『ボールA』を手を動かさずに放置しておくと、ボールの周りの卵が固まってしまう事もあります。

  19. 19

    今回無駄のないお湯を使った湯煎の方法で説明しましたが、『沸かした70℃~のお湯』でも勿論OKです。

  20. 20

    『熱い茹で汁での湯煎』なのですぐに全体にとろみが出てきます。
    味見をして必要なら《塩コショウ》で味を調えます。

  21. 21

    写真

    お皿に盛ってたっぷりの《黒胡椒★》をひいて出来上がりです。

  22. 22

    写真

    フライパンで最後に卵液を入れる方が多いと思うのですが、湯煎で温めることによって卵液がゴモゴモになったりせずに滑らかです。

  23. 23

    写真

    ガーリックとベーコンの香りが最高^^
    濃厚で滑らかなソースのカルボナーラ大好きです♡♡

  24. 24

    【2015/03/06】
    《塩分/ソースの分量/濃厚さ》を考慮し、レシピの分量を訂正させて頂きました。

  25. 25

    沢山の作って下さった方、印刷をして下さった方、申し訳ありません。

  26. 26

    【従来レシピ】
    *『卵黄1個/生クリーム50cc』でした。
    *パスタの茹で汁の塩分は『1%』でした。

  27. 27

    【従来レシピ/塩の分量】
    *水2L⇒塩20cc/大さじ1と小さじ1
    *水3L⇒塩30cc/大さじ2
    でした。

  28. 28

    従来レシピが良い方は《工程(26)(27)》で作って下さい。
    本当にすいません。

  29. 29

    写真

    ID3144046は全卵と牛乳で作る『日本の定番/クリーミーなカルボナーラ』です。
    お手軽ですがとても本格的で美味です

  30. 30

    写真

    ID1096555はアレンジカルボナーラです。
    トマトクリームパスタの様な『トマトカルボナーラ』はハマります^^

  31. 31

    写真

    ID1343642は、生クリームや牛乳を使わずに卵だけで仕上げる『ローマ風本格カルボナーラ』です。

コツ・ポイント

*とても簡単ですが、レシピ内の【注意点】には気を付けて下さい。
*パスタの茹で汁の塩の量は食感と味を決める大切なポイントです。
まずは記載している通りに作ってみて下さい。

このレシピの生い立ち

イタリアンでバイトしているお友達に教えてもらった【湯煎】を使うことで自分のレシピがとっても美味しくなりました^^
皆さんのお役にたてればと…
レシピID : 868941 公開日 : 09/07/18 更新日 : 16/02/03

このレシピの作者

*ai*
大阪中央区より東京某区に来て夫婦2人楽しく生活しています。
キッチンに引きこもる事とDeベイスターズが生き甲斐のアホです><
大阪では自宅で教室を開いてましたが、今は料理教室に関する様々な仕事をしています♡
宜しくお願いいたします^^
*マカロンをはじめ、私のレシピでご質問があればレポにて教えて下さい。
私の範囲で日記にてお応えさせて頂きます
*アンチョビ同盟/№15
*カッチョエエハード焼き隊

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

192 (172人)
写真

2022年6月12日

普段あまりつくらないのですが、美味しく出来ました!リッチだけど重くない。卵黄と生クリーム消費の為に出会ったレシピです♪

写真

2018年12月21日

自己流では作れなかった美味しさです!手順をしっかり大事ですね★

写真

2018年6月3日

カルボナーラがもそもそにならず出来て嬉しい♪ 家族に好評でした!

写真

2018年5月16日

ほうれん草プラス。濃厚でとても美味しい♡ありがとうございました!

ログイン
「いいね」を伝えるにはログインが必要です
ログインする
0 いいね