風味香ばしい「いしりチャーハン」

風味香ばしい「いしりチャーハン」
能登の魚醤「いしり」は炒めものにも相性バッチリ。ニンニクを加えることで独特の風味も香ばしさに生まれ変わります。

材料 (2人分)

ご飯
御茶碗2杯分(350~360g)
ひき肉(豚もしくは合挽き)
100g
タマネギ
2分の1
アスパラ
2本
2個
2かけ
醤油
大さじ2
いしり
大さじ1
大さじ1
胡椒
少々

1

たまねぎ、にんにくは、みじん切り、アスパラは湯通ししたものを小口切りにする。

2

フライパンにごま油をひいて加熱。卵を流し入れて炒り固まったら、弱火で1のタマネギとニンニクを加えて炒める。

3

2に火が通ったら、ひき肉を加えて一味唐辛子と胡椒を振って強火で炒める。

4

肉に火が通ったらご飯を入れ、具材をよく混ぜ合わせながらじっくり炒める。

5

ご飯がパラパラになるまで炒めたら、「いしり」と酒を加えて混ぜ合わせ、最後にアスパラを加えて軽く炒めたら出来上がり。

コツ・ポイント

湯通ししたアスパラは最後に加えればシャキシャキ感と色合いが残ります。お好みに応じて浅葱を最後に加えてもよろしいかと思います。また、「いしり」を投入する際には加熱したフライパンに投入してから具材に混ぜれば、加熱した際の香ばしさが増幅します。

このレシピの生い立ち

能登の魚醤「いしり」は、炒めものに少量使うと深いコクと旨みが料理に加わります。カネイシの「いしり」にはイカの旨みと香ばしさが凝縮されています。「いしり」をフライパンなどで加熱すると更に香ばしさが増幅します。
レシピID : 1417212 公開日 : 11/04/21 更新日 : 14/06/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

11/09/25

First tsukurepo mark
写真

磯の香ばしさがなんともよかったです。いろんなお料理に合いそう☆

砂漠で鍋焼きうどん