【精進うなぎ】なんちゃってうなぎでうな重

【精進うなぎ】なんちゃってうなぎでうな重
アメリカ在住なので、おいしいうなぎが手に入りません。精進料理のレシピを参考に、豆腐でおいしいうなぎの蒲焼ができました。

材料 (4人分)

木綿豆腐
1丁
ごぼう
80g
120g
大さじ2
20g
砂糖
小さじ1
小さじ1/2
昆布茶
小さじ1/4
適量
小さじ1/2
▼醤油
100cc
100cc
日本酒
50cc
ブラウンシュガー (またはざらめ)
大さじ4
少量(オプション)

1

写真

豆腐は重石を乗せてしっかり水切りします。豆腐ステーキ用のものを使用すれば、水切りは不要です。

2

ごぼうと山芋をおろし金ですりおろします。フードプロセッサーを使用すると手早くできます。

3

写真

FPに豆腐、山芋、ごぼう、おから、片栗粉、砂糖、薄口しょうゆ、昆布茶をいれ、滑らかになるまで攪拌します。

4

FPが無い場合は、ミキサー使用も可能です。または、豆腐を裏ごししてから、材料をすり鉢で混ぜる方法もあります。

5

写真

焼き海苔を3つに切ります。その上に、3の豆腐を海苔からはみ出さないように、均等にのばします。

6

写真

ナイフか竹串を使って、うなぎ風の模様を入れます。

7

180度に熱した油で揚げます。まず、豆腐の面を下にしていれて、こんがり焦げ目が付いたら返してからりと揚げます。

8

写真

オーブントースターで焼いてみましたが、揚げた方が断然おいしかったです。下が揚げたもの。

9

小鍋に▼以下の材料を入れ、煮詰めてタレを作ります。ひと晩寝かせるとおいしいです。

10

写真

揚げた豆腐をタレにからめて、ご飯に乗せて完成です。あらかじめご飯にタレをかけておくとおいしいです。

11

写真

すこし残った材料で 同じくもどき料理の代表 がんもどきを作りました。にんじん、ごぼう、切り昆布入りです。

コツ・ポイント

揚げ油に小さじ1/2のごま油を入れると 風味が増しておいしいです。

少量残ったので ごぼうとにんじん、きくらげを入れて がんもどきを作りました。

このレシピの生い立ち

海外に暮らしていると、なかなかおいしいうなぎが手に入りません。それでも、夏にはうなぎが食べたくなります。
ツバメガスフロンティア様、真言宗金剛院さま、二つのウェブサイトのレシピを参考にして、自分なりに試行錯誤して作ったオリジナルレシピです。
レシピID : 2726589 公開日 : 14/07/27 更新日 : 15/07/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」