春の山菜満載♪あなごとの散らし寿司

春の山菜満載♪あなごとの散らし寿司
山菜の煮物を美味しい焼きアナゴと寿司に仕立てました♪

材料 (4人分)

ふき、筍、わらびの煮物
適量
焼きアナゴ
6匹
醤油、酒、みりん、砂糖
レシピ内に記入
セリ
少々
みょうがの甘酢漬け
少々
塩味薄焼き卵
3個分
寿司飯
3合分
紅しょうが刻み海苔
適量

1

写真

今回山菜の煮物の再利用だが、各々出汁200cc醤油大匙2みりん砂糖各大匙1の割合で煮るとよい。煮物の山菜は混ぜる用と飾り用に切る。薄焼き卵は片栗粉の水溶き少々を混ぜると上手に焼ける。

2

写真

焼きアナゴ10匹は、酒醤油各大匙2、みりん大匙1と1/2、砂糖大匙1を煮立てたところに入れて、煮含め、さめたら細かく切る。みょうがは縦半分に切ってサッと湯がき、らっきょ酢等に漬けたものを線切りに。セリはサッとゆがき水にさらし醤油洗いし切る。

3

写真

寿司飯をあわせたところに、ふき、筍、わらびと煮汁少々、あなご、みょうが甘酢漬けを入れてよく切り混ぜる。薄焼き卵、飾り用の山菜、セリ、紅しょうが、刻み海苔を飾って出来上がり。

コツ・ポイント

山菜の煮物に食べ飽きたころにどうでしょう?おせちが余れば茶碗蒸しにする感覚で♪セリの醤油洗いとは、サッとゆがき、水にさらしたら、絞らず醤油をたらりとかけてから、ぎゅっと絞る方法です。青臭さが和らぎます。

このレシピの生い立ち

この季節、母のふきが入った散らし寿司が食べたくて仕方ありません。焼きアナゴも買ってあるからできるで、と聞いて、母と一緒に作りました。昨日は山菜の煮物を白いご飯で味わったのですが、今日は、煮物再利用で散らし寿司。母の宝箱のような冷蔵庫から、みょうがの甘酢漬けや、梅の漬け汁で作った自家製紅生姜まで出てきて、セリも入って、彩りも、味も豊かな春の山菜散らし寿司になりましたっ満足(^^♪
レシピID : 367380 公開日 : 07/04/30 更新日 : 09/02/23

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
にゃおにゃお 2007年05月17日 14:14
おから星人さん、こんにちは。

このレシピをアップされてすぐにコメントするつもりだったんですが、パソコンの前に座る時間が最近減ってて遅くなりました。

私のレシピを“参考”に入れてレシピアップしてくださってありがとうございます。
自分のレシピの中に自分以外のひとのレシピが載ってるって嬉しいです。

たくさんの具材が入ってカラフルな山菜のちらし寿司、贅沢でおいしそうです。食べたい!!Ψ(^O^)


おから星人 2007年05月17日 18:14
にゃおにゃおさん、参考レシピのご挨拶の際、
お名前を間違えるという失礼におよび、
申し訳なく思ってました(^^ゞ

その節はごめんなさい(^^ゞ

母もみょうがの甘酢漬けします。
ラッキョウの酢など使って。
見る見るピンクに染まっていっていい感じですよねっ

コメントありがとうございます。
この散らし寿司も美味しいですよっ