春のおいなりさん

春のおいなりさん
お寿司盛り合わせのなかのひとつ。
左奥のが菜の花入りのお稲荷さんです!
お揚げさんにしっかり味がついているので、中身はあっさりと。
旬の菜の花と、おじゃこにレンコンのしゃきしゃき感がたまりません!

材料 (6個分)

油揚げ
3枚
菜の花
2本くらい
ちりめんじゃこ
大匙2くらい
レンコン
2mm厚さで3枚くらい
A椎茸昆布だし
100cc
A醤油
大匙1と1/2
A酒・味醂
各大匙1
A三温糖
小さじ2
寿司飯
茶碗二杯強

1

油揚げは沸騰した湯で30秒ほどゆでて、しっかりと油抜きします。
菜ばしを油揚げの上で転がして、半分に切り、袋状に開きます。
Aの調味料を鍋に入れて、油揚げをいれ、落し蓋をして弱火で汁気がなくなるまで煮ます。

2

菜の花は軸と葉、花を分けて、時間差で茹で、手早く冷まし、粗みじん切りにします。
じゃこは湯通しして、塩抜きします。
レンコンはさっとゆでて、3mm角にきざみ、酢に付けておきます。

3

写真

寿司飯が暖かいうちに、2の具を混ぜ、汁気をよく絞った1に詰めます。
口の部分を折り返して、中身が見えるようにすると、菜の花の色がきれいです。

コツ・ポイント

椎茸昆布出汁は、1リットルの水に10cm角の昆布と、干ししいたけ2~3枚を入れて冷蔵庫に一晩置いておいたものです。
酢飯は固めに炊いたご飯3合に対して寿司酢大匙4を混ぜたものです。
菜の花の花の部分を分けておき、最後に上に乗せてもきれいです。
炒り卵をトッピングすると、より春らしいかんじになります。

このレシピの生い立ち

お雛様ご膳のお寿司の盛り合わせを考えタメニューのうちのひとつです。
レシピID : 519392 公開日 : 08/02/28 更新日 : 08/02/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」