野菜と牛肉のバジル炒めご飯

バジルの甘味と、ナンプラーの味がとても
さわやかに感じられます。
お茶碗2杯分くらいのご飯をラクに食べれる
レシピです。

材料 (1人分)

ししとうがらし
10本
赤ピーマン
1個
ゆでたけのこ
70g
牛薄切り肉(切り落としでも可)
120g
中華だしの素
3グラム
大さじ1/2
バジルの葉
15枚
1個
ご飯
お茶碗2杯
長ネギ
1/3本
サラダ油
大さじ2杯

1

ししとうがらしの軸を切り、身は縦半分に切る。赤ピーマンも半分に切る。
そして、種を洗い出して、赤ピーマンは
乱切りにする。
ゆでたけのこは薄切りにして、お好みの
大きさにする。
にんにくはあらみじん切りにする。
長ネギは斜め薄切りか、千切り

2

中華だしの素を50ccのお湯でといておく。
そして、フライパンにサラダ油大さじ2杯を
入れて、弱火で熱して、にんにくを入れる。

3

にんにくの香りがしたら、肉、ししとう、
赤ピーマン、たけのこを加えて中火
炒める。
油がまわってきたら、さきほど溶いた
中華だしのスープを入れ、さらに
ナンプラーを加える。
全体になじんできたところで、
バジルの葉を入れ、さらに炒める。

4

最後に、目玉焼き(黄味は半熟)を
作り、ご飯の上に③をかけて、
その上に目玉焼きをのせる。
最後に、長ネギをのせて出来あがり。
食べるときは目玉焼きの黄味を
崩しながら食べると美味しい。

コツ・ポイント

参考文献:
『おかず365日 野菜編』 P.227

このレシピの生い立ち

レシピID : 5399 公開日 : 00/06/03 更新日 : 00/06/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」