スープ溢れる、本場で教わった小籠包

スープ溢れる、本場で教わった小籠包

Description

フライパンでも作れます。台湾で教わった小籠包の材料や手順を作りやすくアレンジ。

材料 (30個分)

●豚ひき肉
200g
●長ネギみじん切り
5cm分くらい
●生姜すりおろし
大さじ1
●醤油、酒
各大さじ1/2
●塩、コショウ(あれば白胡椒)
各小さじ1/2
☆水
200ml
☆顆粒鶏ガラだしのもと
小さじ2(スープとして飲んでおいしい程度)
大さじ1
市販の餃子の皮(大判)
30枚
(手作りの場合 レシピID:4636683
(30枚)

作り方

  1. 1

    写真

    鍋に☆の材料を入れて沸騰させ、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固める。餃子の皮は冷蔵庫から出して常温にしておく。

  2. 2

    写真

    ●の材料を良く混ぜる。(フードプロセッサーでもOK)1で作ったスープゼリーを加えてさらに混ぜる。

  3. 3

    写真

    餃子皮の片面だけなでるように水につけ、餃子より少なめの量の餡をのせ、包む。

  4. 4

    写真

    【フライパンの場合】
    水50mlを入れ、オーブンシートを引いて小籠包を並べ、フタをして中火6-8分ほど加熱

  5. 5

    写真

    【蒸籠の場合】
    高温強火)で6-8分蒸す

  6. 6

    写真

    醤油と酢をつけて食べる。好みで生姜の千切りを添えて♪

  7. 7

    写真

    【皮について】
    皮も手作りするとさらに美味しいです!→ 皮の作り方 レシピID:4636683

  8. 8

    写真

    手作り皮での包み方はYouTube等でお手本動画を探してください。お手本見ながら包んでると少しずつ上達して楽しいですよ!

コツ・ポイント

包む時のポイント
・欲張って餡を入れすぎない
・口を閉じる時、力を入れてぎゅっと。市販の餃子の皮で作ると口の上部分が皮が余るので、力を入れてそのままちぎりとる

・蒸す時にちゃんと間隔を空けないとひっついてしまうので注意

このレシピの生い立ち

毎年お正月に小籠包を作っていて、少しずつアップデートしています。
2022年は肉400g、手作り皮(小麦粉300g分)でつくり、皮が少しだけ余るちょうど良い分量でした。
(手順8の写真)
レシピID : 5431363 公開日 : 19/01/03 更新日 : 22/01/16

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

103 (95人)
写真

2022年11月26日

ミニホットプレートで熱々フーフーしながら食べました

写真

2022年11月13日

皮が四角だったのでうまく包めず見た目は諦めましたが味はおいしかったです!!!スープがじゅわーっとなりました!

写真

2022年10月8日

前回、スープが固まる前に混ぜてしまい大失敗したのでリベンジ☆レシピに忠実に作ると大成功でした!

写真

2022年10月3日

もっと手間暇掛かると思ってたけど、簡単に出来き、下の娘と楽しく作りました!!そして熱々の出来立てを沢山食べれて幸せでした♡