石狩風鍋

石狩風鍋

Description

味噌がベースとなった石狩鍋です。ラーメンともよく合う。秋に鮭が美味しくなると初鍋に我が家ではよく登場します♪

材料 (3~4人分)

鮭(切り身)
2~3切れ
豆腐
1/2丁
豚挽き肉
200~250g
(A)しょうが 【肉団子具】
1片(小さめ:10g)
(A)白ネギ 【肉団子具】
7~8センチ
(A)きのこ類 【肉団子具】
50~70g
(B)片栗粉
小さじ2(10g)
(B)酒
大さじ1(15g)
(B)砂糖
小さじ1/2(2~3g)
(B)しょうゆ
小さじ1(5g)
 
にんじん
30~40g(1/3本)
じゃがいも
100~150g(1個)
大根
3センチ(80~100g)
白ネギ
7~8センチ
南瓜
70~80g(1/8個分)
キャベツ(または白菜)
2~3枚
きのこ類
100~150g
もやし
1/2袋
 
600~800g
牛乳
300g
(C)にんにく
1片(5g)
(C)味噌
45g(大さじ3)
(C)砂糖
10g(小さじ2)
(C)酒
15g(大さじ1)
(C)みりん
15g(大さじ1)
(C)鶏がらペースト
15g(大さじ1)
(C)豆板醤
5g(小さじ1)
 
バター
10~15g
ラーメン
3人分

作り方

1

写真

にんじん・だいこんは輪切にする。南瓜は薄切りにする。じゃがいもは一口大に切る。白ネギは斜めに切る。キャベツはちぎる。

2

写真

きのこ類は石突をとり食べやすい大きさにさく。

3

写真

豆腐は食べやすい大きさに切る。

4

写真

鮭は一口大に切る。

5

写真

肉団子の具、しょうが・白ネギ・きのこ類(石づきを取る)

6

写真

5・(B)・豚挽き肉をボウル等に入れてよく練る。団子状に形成する。

7

写真

鍋に水を沸かし、肉団子・大根・にんじん・じゃがいも・南瓜を4~5分茹でる。じゃがいもに火が通るくらいが目安。

8

写真

(C)をボウルに入れる。

9

写真

7の煮汁を8に少し入れ調味料を溶かす。

10

写真

鍋に、鮭・きのこ類・白ネギ・もやし・キャベツ・豆腐を加える。

11

写真

9を注ぐ。

12

写真

牛乳を加える。7~8分具に火が通るまで煮る。

13

写真

仕上げにバターを加える。

14

写真

ラメーンは表示通りに茹でる。つけ麺または、締めとして召し上がってください。

コツ・ポイント

・火の通りにくい根菜類と通りやすい具を時間差で煮るのがポイントです。
・調味料として使っている味噌は合わせ味噌です。産地などにより塩味も違うので、味はお好みで調整ください。

このレシピの生い立ち

名古屋に住む私が想像する”石狩鍋”。味噌と牛乳は意外と合います。深みのある味は、うどんよりもラーメンがよく合います。毎年、鮭が出回ると我が家では登場する秋の始まりの鍋です♪
レシピID : 5815846 公開日 : 19/09/10 更新日 : 19/09/10

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」