菜っ葉とお揚げの炊いたん、京おばんざい2

菜っ葉とお揚げの炊いたん、京おばんざい2
京のおばんざいとはちょっと気がひけますが、京都の母のおばあちゃんが、昔から作っていたおかず類を紹介します。簡単10分。

材料 (4人分)

壬生菜又は水菜(他の菜っ葉でも)
1わ
油揚げ(ふわふわしていないもの)
1枚
大さじ1~1半
4カップくらい
大さじ1
小さじ半分
酒(なくても)
大さじ1

1

油揚げ(薄あげ)は白い部分が少し付いている、しっかりしたタイプを使う。ザルにとって、沸騰した湯で湯通しし、不要な油を落す

2

油揚げは長いほうを半分に切ってから、5~7ミリの細切りにしておく。

3

菜っ葉は、食べやすい大きさ3・4センチくらいの長さに切り揃える。葉の部分は少し短めに切ると食べやすい。

4

鍋を中火にかけ、ごま油を入れ、煙がでるくらいまで温めたら、壬生菜の根っこ、茎部分から部分から半分に入れ、炒り付ける

5

写真

30秒くらいしたら、残りを入れて全体に油をなじませる。なじんできたら、だし(又は水)を入れる。

6

量は菜っ葉がかぶる程度.。沸騰してきたら油揚げ、(だしの素)調味料を入れる。再度沸騰したら弱火に。

7

フタをせずに、約5~7分程度、菜っ葉がしんなりしてくればOK。菜っ葉の種類で時間は変わる。

8

食べる時に温める時は、少し早めに火を止めて。夏は冷蔵庫で冷たく冷やしても。

コツ・ポイント

写真はしろ菜の一種。菜っ葉は、壬生菜、水菜(サラダ用の水菜などは煮る時間を短めに)、しろ菜(白菜の細いようなの)、小松菜などが合います。ホウレン草や、キャベツなどはあまり合わない、、というか、違う出来上がりに。
お弁当にはよく水分を切って。

このレシピの生い立ち

子供の頃は、あまり好きではなかったけど、大人になり結婚後は、1,2週に1回は食べています。とにかく、宅配で野菜が来たその日の夕方は、考える時間も作る時間もないので、中華野菜なら炒め物、和の菜っ葉ならこれが第一候補で、メインを合わせます。
レシピID : 2587048 公開日 : 14/04/18 更新日 : 14/04/18

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

4 (4人)

15/10/15

写真

小さい頃は食べていましたが、はじめてつくりました。

まーげ

ありがとうございます♪食べ飽きても懐かしくなるメニューかも?

15/06/16

写真

ほっこりするお味でとても美味しかったです!ウチの定番決定です☆

usagi1019

ありがとうございます♪キレイな仕上がり♡ご愛顧下さいね♪

14/11/27

写真

義父の畑のみぶな…美味しく活用出来て助かりました^^有難う♡

nasubeam

ありがとうございます♪菜っ葉が大量に使えるので他の葉物でも♡

14/09/21

First tsukurepo mark
写真

この味です!私にもできました♪やさしいお味ですね。また作ります!

kumitch

ありがとうございます♪家族は食べ飽きて嫌な顔するので嬉しい♡