蒸し鯛(芸西村)

蒸し鯛(芸西村)
昔は正月や婚礼などめでたい席には欠かせなかった蒸し鯛ですが、近年はなかなか見かけなくなった土佐の郷土料理です。

材料 (※皿鉢用)

1匹(約1kg)
おから
500g
 ごぼう
80〜100g
 にんじん
80〜100g
 干し椎茸
4枚〜5枚
カップ1/2
 砂糖
大さじ3
 薄口醬油
大さじ2
葉ニンニク
4〜5本
5個
砂糖
130g
ゆで卵
1個
さつまいも
大1個
葉らん
4〜5枚

1

写真

鯛はエラと内蔵を取り除いて洗う。ヒレと中骨を上身につけて背開きにし、薄く塩をして一晩冷蔵庫におく。

2

写真

(A)ごぼうはささがき切り、人参と水に戻した椎茸は細かく切り、だしと調味料を加え、汁がなくなるまで煮る。

3

写真

おからに(A)とみじん切りにした葉ニンニク、卵、砂糖を加えよくこねる。

4

写真

鯛の水気を取り、おからを詰める。

5

写真

蒸し器に葉らんを敷き、鯛を乗せる。
ヒレが開くように楊枝で止めて形を整える。

6

さつまいもと一緒に約45分蒸す。(さつまいもが蒸し上がるのを目安にする)

7

写真

皮が裂けたりしても大丈夫、ゆで卵の黄身を裏ごしして表面に散らして隠せます。

コツ・ポイント

「蒸す時の火加減が一番難しい。急に強うすると、魚がわれるき気をつけないかん」
おからを入れすぎると「メタボ鯛」、少なすぎるとスカスカする。
葉らんを敷くのは鯛を崩さず取り出しやすくする為。

このレシピの生い立ち

「土佐の味ふるさとの台所」220ページに掲載。
から、お祝い事には必ず作った郷土料理。
レシピID : 4566778 公開日 : 17/06/08 更新日 : 17/06/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」