堀川ごぼうの酒粕チーズフォカッチャ

堀川ごぼうの酒粕チーズフォカッチャ
野菜ソムリエ考案レシピ。酒粕やチーズが、ごぼうの風味とよく合います

材料 (5個分)

堀川ごぼう
110g
200g
インスタントドライイースト
3g
砂糖
10g
3g
酒粕
30g
ぬるま湯(仕込み水)
110~120ml
ピザ用チーズ
50g

1

写真

堀川ごぼうは表面をたわしで洗い、皮の黒いところは包丁の背でこそげて4~6ミリ厚さの輪切りにし、水に晒します。

2

1を鍋に入れてたっぷりの水を加え、強火にかけます。沸騰すれば弱火にして10分茹でます。

3

2の形の綺麗なものを15枚取り、残りは5mm角に切ります。

4

ボウルに強力粉を入れ、ドライイースト、砂糖、塩を加えてさっと混ぜます。

5

ぬるま湯110mlとオリーブオイルを加え、こねます。生地が固い場合は、様子を見てぬるま湯を足します。

6

生地を手でのばし、薄い膜が張るようになれば(グルテンチェック)、刻んだごぼうを加えて混ぜ、丸めてボウルに入れます。

7

ボウルにフタをし、生地が2倍になるまで置きます。(冬場なら、湯(35~40度位)にあてます)

8

生地を取り出して軽くおさえてガス抜きをし、5等分にして丸めて平らにし、チーズを10gずつ包んで丸めます。

9

8を15分おき(ベンチタイム)、直径10cm、厚み1cmにのばし、発酵させます。(30~35度で30~40分)

10

霧吹きで水を軽く吹き付け、3の堀川ごぼうの薄切りを1個につき3枚上に乗せます。

11

フッ素加工のフライパンに、10のごぼうをのせた面を下にして並べます。

12

フタをして火にかけ、弱火で7分、かえして4~5分焼きます。(途中火のあたり方を確認し、一を変えたり、火加減を調節します)

コツ・ポイント

酒粕が固い場合は、仕込み水の一部で溶かしてから加えて下さい。、べたつきやすい生地なので、水分は、様子を見ながら加えてください。焼き色を見て生地を動かし、火のあたり方を均一にするとよいです。

このレシピの生い立ち

たまに作る酒粕入りのピザ生地に、堀川ごぼうを加えてアレンジしました。野菜ソムリエプロ<山村優佳>考案レシピ。
レシピID : 4797265 公開日 : 17/11/21 更新日 : 17/11/21

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」