黒練りゴマと黒蜜のシフォンケーキ

黒練りゴマと黒蜜のシフォンケーキ
練りごまと黒蜜を入れた和風のシフォンです♪

材料 (18cmアルミシフォン型)

たまごM玉
5個
練りゴマ(黒)
40g
お湯(60℃)
小さじ1弱
黒蜜
30cc
サラダオイル
60cc
50cc
☆国産薄力粉
60g

1

材料は全て計量しておき、☆印の粉類は合わせふるっておきます。(外国産小麦を使う場合は二度以上ふるい、水分量を10%ほど追加します) オーブンを170℃に予熱卵白と卵黄に分けます。

2

写真

練りゴマに小さじ1弱のお湯を加え、よく練ります。そこへ分量の黒蜜を入れて更によく混ぜておきます。

3

写真

塩をひとつまみ(分量外)入れた卵白とグラニュー糖の半量でメレンゲを作ります。グラニュー糖は三度に分けて投入します。角がピンと立つほどにすると卵黄生地と混ざりづらいので、艶があり角がおじぎするくらいがお奨めです。最後は低速でキメを整えます。

4

ハンドミキサーを洗わずそのまま手早く卵黄にうつります。残りのグラニュー糖を一気に投入し、白っぽくもったりするまで混ぜます。冬場は湯せんしながら回してもよいのですが、最後は必ず湯せんを外して攪拌しキメの細かい卵黄生地を作ります。最後は低速で。

5

写真

この卵黄生地を【2】に小さいおたま一杯ほど加え、よく和えます。

6

写真

【4】の卵黄生地にサラダ油を入れて泡立て器で全体に和えたら、【5】を混ぜ合わせ、泡立て器でぐるぐると攪拌してください。豆乳を加え更に泡立て器で混ぜます。この時生地はサラサラです。

7

ふるっておいた☆印粉類を投入します。高い位置から一気にふるい入れます。泡立て器で中心から外側へ怖がらずグルグルと回しましょう。ゴム平だと粉残りし易いので、ここは確実に。

8

写真

メレンゲの1/3量を【7】に加え泡立て器でグルグルと混ぜます。ここではメレンゲを潰すことを気にせず卵黄液としっかり混ぜ合わせます。更に1/3量を加えたらゴム平に持ち替えて、さっくりされどしっかりと混ぜ合わせます。

9

【8】の卵液を今度は残ったメレンゲ側のボウルに入れることで、底に残った重たい卵黄液を均一にします。ゴム平でボウル肌をすくい上げるように切るように混ぜていきます。この時メレンゲの塊が残らないように。焼成したときボッコリ穴が空いてしまいます。

10

シフォン型に高い位置から一点に流し込みます。容器をたたきつけ大きな気泡を抜きます。

11

170℃のオーブンで15分、160℃に下げて20〜25分ほど焼成します。焼き上がりは竹串で筒側を刺して生地がつかないことを確認。直ぐに高い位置から容器をドン!と落とし荒熱を飛ばし焼き縮みを防ぎます。

12

筒部にビンなどを差し込み逆さまに。手で触れるほどに荒熱が取れたら網の上などに置き容器ごとラップをかけ冷まします。ラップは乾燥を防ぎ蒸しを進行させます。完全に冷めたらナイフなどで型から外します。

コツ・ポイント

メレンゲの立てすぎは注意です。お好みでカットしたシフォンに黒蜜をトッピングしても(#^.^#)♪

このレシピの生い立ち

練りごまブラマンジェを作って余った胡麻と豆乳消費のため。。。豆乳風味はせずなかなかグー(^-^)g"でした♪
レシピID : 540802 公開日 : 08/03/30 更新日 : 08/03/30

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

08/04/23

First tsukurepo mark
写真

色が綺麗に出なかったけどしっかりゴマと黒蜜味☆ふかふか美味でした

Aya10rock

やほ〜*^_^*ありがとう〜☆!いつも嬉しいです(; ;)

Aya10rock 2008年04月23日 11:08
しおあじ先生
こんにちは!
ず~っと気になっていたこのレシピ、やっと作れました!
なんと、家のトースターで…(苦笑)

実物を見るともう少しゴマ色でしたが、先生の作品よりかは薄かった…OTZ
それ以上に携帯で撮影のためキレイくなくてすみません…。

でも味はとっても美味しかったです☆
また他のフレーバーにも挑戦してみます!!
あと…メレンゲ最後の1/3の技、とってもいいですね(≧ω≦)

いつもすみません。
ありがとうございます!!