基本のシフォンケーキ♪絹溶けバージョン

基本のシフォンケーキ♪絹溶けバージョン

Description

基本の基本レシピ。

2012.05
作り方が変化してきましたので、
基本のレシピも見直しました。

材料 (17cm型1台)

薄力粉
70g
製菓用太白ごま油(他オイル可)
40cc
50cc
大さじ1
卵白(サイズL)
4個分
塩(あればクレームタータ1g)
ひとつまみ程度

作り方

1

メレンゲの作り方

オーブンは170度に予熱しておく
粉とBPふるっておく

2

卵白を大きな泡が立つ程度に溶きほぐしながら泡立てる。
(泡立:手動)

3

泡立てをHMに変えて、(2)にグラニュー糖(全量)、塩を入れて、ボールを逆さまにしても落ちないくらいの固さまで泡立てる。

4

*HMの泡立のコツ
中速で砂糖類を混ぜ溶かす→最高速でしっかりメレンゲを→低速で泡締め。
全体のキメが整ったら完了

5

夏場は、メレンゲができたら冷蔵庫に入れる。シフォン作りが慣れてない場合も同じ。
通常は5分程度なら常温に置いてもOK

6

☆卵黄生地の作り方

7

卵黄は泡立て器で溶きほぐし、太白ごま油と水は混ぜ合わせ乳化させておく。

8

卵黄、オイル乳化液を混ぜ合わせる。

9

ふるった薄力粉とBPに【8】を混ぜ合わせる。レモン汁をよく混ぜる。練らない様に艶が出て滑らかになるまで混ぜる。

10

メレンゲを1/3のづつ
混ぜ合わせる。
1回目は泡が消えてもいいのでしっかりと。

11

2回目3回目は、メレンゲの固まりが残らないようにかつ泡が消えないようにさっくり混ぜる

12

型に流し入れ、空気抜きをしたらオーブンへ。
160度で40分

13

焼き上がり後、シュワシュワ音が高ければ焼き時間を5分程延長して様子を見る。(かすかに聞こえる程度ならOK)

14

焼き上がったら、逆さにして3時間程度さまして、ラップをして冷蔵庫で1晩寝かす

15

翌日以降、型出し。

ナイフより手剥がしの方が仕上がりはキレイです。

16

★手剥がしの方法

型の側面をバンバンバンとたたきながら2.3周します。真ん中は指の腹で優しくぎゅーっと押す。

17

底面をぎゅーっと押し上げると側面の型はスポッと抜けます。

底面は、少しずつ中央の穴に向かって押すようにはがしていきます

18

逆さにしてスポッと抜けたらOK!

2.3回すればほぼ習得できます。

19

写真

レシピID :1193769
カップでバニラシフォン

真っ白いシフォンです

コツ・ポイント

粉の一部を置き換えたり、水をジュースや紅茶に置き換えてアレンジシフォンもできます。その場合は水分量やオイル分量の調整も必要な場合もありますので、他のシフォンレシピを参考に調整してみてください。

このレシピの生い立ち

いつもベースにするレシピの覚え書き。失敗しにくい仕様に改良した分量です。
レシピID : 1194061 公開日 : 11/06/02 更新日 : 12/09/14

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」