弁当 お花見用

弁当 お花見用
特別なオカズや、ご馳走でもないのですが、品数多く詰めることで、なんとなく華やかで賑やかになるかななんて。

材料

小松菜
油揚げ
練りからし
納豆用添付タレ
レンコン
ひき肉
すりおろしたまねぎ
パン粉
お麩
ジャガイモ
カニカマ
牛乳
小麦粉
バター
板コンニャク
冷凍さざえ
干ししいたけ
グルメソーセージ
人参
大根
鶏手羽先
里芋
白飯
ゆかりふりかけ
海苔
ギンナン
人参ピクルス
カイワレ大根
シソの葉/大葉
各種調味料

1

下茹でして油抜きした油揚げと小松菜を茹でたものを、食べやすい大きさに切り、納豆の添付タレと練りからしの合わせたものを絡めます。タレがなければ醤油と味醂を煮切ったタレを作り、からしを混ぜます。

2

コンニャクは下茹でし、干ししいたけは水で戻し、レンコンは薄い輪切りにして、酢に晒しておきます。鶏手羽先は手羽中だけを使います。醤油とみりんのタレに鶏肉を30分ほど漬け込んでおきます。

3

コンニャクは、短冊に切りわけ、ねじり結びにし、干しシイタケと共に、ゴマ油、砂糖、みりん、しょうゆで炒り煮します。充分味がしみるように、水を差して煮込み、火を止めて冷ます、を繰り返します。

4

大根と人参は小さめの型抜きで可愛い形に切り抜き、薄口醤油、みりんで味付けします。あまり色が醤油色に染まらないほうがよいです。

5

タマネギをすりおろし、レンジで加熱します。これを挽肉、パン粉、溶き卵と合わせてよく練ってハンバーグの種状にします。味付けは塩、醤油、砂糖、マヨネーズです。

6

酢に晒しておいたレンコンに塩少量をふりかけ、片面に片栗粉をつけます。片栗のついたほうに5.の挽肉を塗って、レンコン2枚で挽肉をはさみます。これを好きな油で揚げます。

7

5.の挽肉でミートボールもつくります。スプーン2本で挽肉をやりとりして玉にし、これに小麦粉を薄くつけ、油で揚げます。ケチャプとウスターソースをフライパンで合わせたソースをミートボールに絡めます。

8

手羽先は30分ほど漬けましたら、水で洗います。水分をよくもみ込むようにします。これに小麦粉を薄くはたいて油で揚げます。小麦粉をつけずに網で焼いてもいいでしょう。

隠し包丁で2本ある骨は、互いを切断しておきましょう。

9

サンマのぶつ切りに塩をしておき、醤油と味醂と卵を溶いた水溶き小麦粉にくぐらせ、油で揚げて竜田揚げにします。

10

里芋は綺麗な形に剥いて、塩でもみ、レンジでチンします。仕上げにゴマをふります。

11

サザエは生姜、長ネギを加えて茹で、お好みで醤油味醂で煮付けるか、フライパンでバター焼きにします。

12

ジャガイモを皮ごとレンジでチンし、皮を剥いてつぶしておきます。小麦粉をバターで炒め、牛乳を加えてホワイトソースを作り、茹でジャガイモを加えて、砂糖、塩、酢などでお好みの味に調え、カニカマを加えてよく練り、冷蔵庫で冷やしておきます。

13

冷えたら12.のタネをコロッケに成型して、小麦粉をはたき、片栗粉+小麦粉の水溶き液にくぐらせ(卵不使用)、お麩とパン粉をあわせた衣をつけて油で揚げてコロッケを作ります。

14

土鍋で白飯を炊きます。十分吸水させておいた米を土鍋に入れ、水を米の1.2倍加え、強火で沸騰するまで。沸騰したら中火で2分。その後弱火にし、3合なら11分。火を止めたら、10分以上蒸らし、一部にゆかりを混ぜ、一口サイズのおにぎりを作ります。

15

ギンナンは封筒に入れ、レンジでチンします。様子をみながら、10個入れたのなら、3個か4個、はじける音がしたら出します。ペンチ等で殻を割って実を出します。

16

ソーセージは沸騰しないお湯で茹でます。

17

重箱におかずとおにぎりを詰め、カイワレ、シソ、ピクルスの人参、ギンナンなどを飾ります。

レンコンの肉挟みにはソースを携帯すると良いです。

コツ・ポイント

サザエもギンナンもお正月のを冷凍してありました。サンマも下ごしらえして冷凍しておいたものです。各テレビ番組でやった裏技なんかはできるだけ活用してます。人参のピクルスも簡単に家庭で作れて保存が利きますので、可愛い形のをお弁当用に用意してあります。

このレシピの生い立ち

思わず嬉しくなるようなお弁当が作れたらいいなあと思ってます。

ちなみにこれ、ひとり分です。^^
重箱は、100円ショップで。
レシピID : 246587 公開日 : 06/04/01 更新日 : 06/04/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」