【京田辺発】たけのこの卵とじ

【京田辺発】たけのこの卵とじ
京田辺発「健幸」食改いきいきレシピ
たけのこと菜の花を卵でとじた、春の香りいっぱいのやさしい味わいの一品です。

材料 (2人分)

ゆでたけのこ
100g
菜の花
4本(50g)
2個
小さじ1
木の芽
適量
煮汁
200cc
しょうゆ
大さじ1
さとう
大さじ1と1/2
大さじ1/2
大さじ1/2

1

たけのこは縦半分に切り、穂先は薄切り、根元は薄いいちょう切りにする。

2

菜の花は根元のかたい部分を切り落とし、熱湯でさっとゆでる。
冷水にとり、水気を切って食べやすい大きさに切る。

3

卵を溶きほぐす。

4

鍋に煮汁の材料を合わせて火にかけ、たけのこを入れて4分ほど煮る。

5

あくを取り、菜の花を加え、同量の水で溶いた片栗粉でとろみをつける。

6

溶き卵を回し入れ、ふたをして10秒ほどで火を止め、そのまま30秒蒸らす。

7

器に盛り、木の芽をかざる。

コツ・ポイント

①菜の花はゆですぎると、柔らかくなりすぎておいしさが半減するので、ゆですぎないように気をつけます。
②ごはんにのせて、どんぶりにしてもおいしいです。

このレシピの生い立ち

「京田辺市産のたけのこ」は・・・
京田辺市には竹林が多く、春になるとたけのこが顔をのぞかせます。
ほのかな甘さがあり、肉質はやわらかく歯触りが良いのが特徴です。
この素材を生かしたレシピです。
レシピID : 4413035 公開日 : 17/03/21 更新日 : 17/03/21

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆ 京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。 でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました! ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

17/04/15

First tsukurepo mark
写真

ダブル春の味で、体が喜ぶ味でした(^^)ご馳走様です

卵せんべい

つくれぽありがとうございます。春が感じられますね。