【伝統料理】石狩鍋

【伝統料理】石狩鍋
北海道の秋を丸ごと味わう!みんな大好き!鮭を豪快に使った石狩鍋をぜひご家庭でも♪(農林水産省)

材料 (4人分)

ダイコン
1/3本
ニンジン
1本
つきこんにゃく
80g
しいたけ
4枚
鮭のアラ
1尾分
昆布
10cm
8カップ
大さじ2
鮭の切り身
4切れ
みつば
1束
調味料
味噌
大さじ4
大さじ2
大さじ2
お好みで

1

ダイコン、ニンジンは皮をむいていちょう切りにする。しいたけは軸を落とし、カサに十字の切れ目を入れる。

2

つきこんにゃくは食べやすい大きさのぶつ切りにし、下ゆでする。
鮭の切り身は1切れを3等分にしておく。

3

鮭のアラは食べやすい大きさに切ったら、ざるにのせて熱湯を回しかけておく。

4

鍋に昆布を敷き、3の鮭のアラ、水、酒を加えて火にかけ、アクを取りながら煮る。

5

鍋に1、2を加え、野菜類が軟らかくなるまで煮る。

6

調味料を入れ、必要に応じ味噌(分量外)で味を整えて、最後にざく切りにしたみつばを加える。

7

器に盛って、お好みで粉さんしょうをふりかける。

8

※ダイコンやニンジンは、型抜きすると見栄えします。昆布はお好みで多めに入れるとより美味しいです。

コツ・ポイント

鮭は余すところなく使うことができます。バターや牛乳、酒粕を加えたり、タマネギ、キャベツ、ゴボウ、豆腐など、好みの具材を加えたアレンジも楽しいです。三平汁と混同されることもありますが、こちらは塩引きしない生の鮭を使います。

このレシピの生い立ち

石狩市の藤女子大学人間生活学部の皆さんに教えてもらいました。
北海道の伝統料理や伝統野菜の料理はこちら:http://www.maff.go.jp/hokkaido/suishin/shokuiku/hokkaido_ryori.html
レシピID : 5335407 公開日 : 18/11/28 更新日 : 18/11/28

このレシピの作者

農林水産省では、食料の安定供給、農山漁村や食品産業の振興など、多岐にわたる業務に取り組んでいます。公式キッチンでは、旬や話題の食材を使用したレシピや地方に伝わる郷土料理などを掲載していきます。皆さまの「食」に関する新たな発見に繋がれば幸いです。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」