自家製スープカレー♡グルテンフリーです。

自家製スープカレー♡グルテンフリーです。

Description

市販カレールーを使わない手作り本格スープカレーです♡焦がしバジルと昆布茶、鶏醤が味の決め手♪食べ易い濃度のスープです。

材料 (4〜5人分)

鶏手羽中スペアリブ(熱湯で茹でこぼし、水を切っておく。)
500g
塩コショウ
少々
カレー粉①
小さじ2
オリーブオイル①
大さじ1強
○オリーブオイル②
大さじ1と1/2
○玉ねぎ①(みじん切り)
大1個分(350g)
○にんにく(みじん切り)〜フードプロセッサー可
2片分
○人参①(みじん切り)〜同上
100g
○セロリ(みじん切り)〜同上
50g
○原木生椎茸(みじん切り)〜同上
3〜4枚分
○塩コショウ
少々
◎水(あれば茹で鶏のスープ)
3カップ強
◎マギー無添加ブイヨン粉末
4.5gx2本
◎トマト缶
250〜300g
◎玉ねぎ②〜大きめのくし形切り
大1個
◎鶏醤(三笠市の)又は濃口醤油
大さじ1
◎昆布茶
小さじ1
◎カレー粉②(出来れば2種類合わせ)
大さじ2強
◎砂糖〜味を見てお好みで。
小さじ2
具材
ゆで卵
4〜5個
メイクイーン又はトウヤ芋など(茹でるかレンジ加熱)
3個
人参②(一口大に切り、硬めに茹でるかレンジ加熱)
150g
大さじ2〜3
乾燥バジル
大さじ1
かぼちゃ(7㎜スライス)
4〜5切れ
茄子(縦半分に切り斜めに隠し包丁)
2〜3個分
ピーマン(縦に6〜8等分切り)
大2個
アスパラ(半分に切る)
2〜3本
水(火が通りにくい場合のみ)
少し

作り方

1

手羽中を熱湯で白っぽくなるまで軽く茹でこぼし、水を切る。塩コショウとカレー粉で10分間ほど下味をつけておく。

2

フライパンにオリーブオイルを入れ❶を皮側から焼き付けて火を通す。後で煮るのでほどほどで良い。

3

カレー用の鍋に○②のオリーブオイルで○を中火で炒める。(玉ねぎ以外のみじん切りフードプロセッサーを使用しています)

4

❷の手羽中と◎を加え中〜弱火灰汁をすくいながら煮込む。お肉に火が通ったら火を止め、蓋をする。

5

具材〜茹で卵とじゃが芋以外は下ごしらえ後、フライパンにオリーブオイル③と乾燥バジルを入れ、中火で焼き付ける様に火を通す。

6

火が通りにくい物は水を少し加え、強火で蒸し焼きをする。かぼちゃは焼いても、レンジ加熱だけでもお好みでどうぞ♪

7

❹の鍋を再び火にかけ具材をひと入れし、味の調整をする。深めの器にスープカレーを注ぎ、具材を彩り良く並べ出来上がり!

8

追記〜完全に小麦抜きが必要な方は調味料原料成分表示を参考に、醤油なども小麦無添加の物をご使用下さい。

9

フォルダ150超え、1日あたり検索数200超え、レポ無しでしたが、2017年6月初レポ届きました。嬉しいです♡

コツ・ポイント

玉ねぎのFP使いは苦くなります。カレー粉は味を見ながら加減して下さい。「手羽元は食べにくい」と家族の意見で手羽中に変えました。お好きな骨付鶏肉でどうぞ。じゃが芋は崩れにくいメイクイーン、トウヤ芋などが好きですがこれもお好みでどうぞ♡

このレシピの生い立ち

札幌でスープカレーが発祥し20年が経ちます。試行錯誤の末、我が家の味に落ち着きました。具材は筍、パプリカ、米茄子、インゲン、スナップ豌豆、湯むきトマト、ヤングコーン、オクラ、ブロッコリー、キャベツ、きのこ、海藻、牛蒡、長芋などお好きな物を♪
レシピID : 3789369 公開日 : 16/04/05 更新日 : 17/06/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

17/06/12

First tsukurepo mark
写真

スープカレー初めて作りました。美味しいですね〜

ぷぎぷぎブタ

初レポ嬉しい♡日々検索とフォルダ数多でもレポ無し淋しかったの