臭みが出ないアクアパッツァ

臭みが出ないアクアパッツァ

Description

魚介の旨味たっぷりアクアパッツァ。臭みが出ないコツ載せてます。
ごくシンプルな具、味つけなのでアレンジもどうぞ!

材料 (2人分)

魚(お好みで。今回はチダイ)
1匹
貝(アサリ、ホンビノス、ホタテを使用)
食べる分だけ
小さじ1
その他のハーブ類
お好みで
100cc
100cc
ミニトマト
10個ほど
オリーブ
お好みで
塩・胡椒
適宜

作り方

1

写真

■魚の下処理
鱗と内臓を取り去る。エラ、背骨まわりの血合いも流水で綺麗に洗う。臭みの素なのでしっかりと!

2

スーパーで鱗と内臓取ってもらったけど、鱗は背・腹・エラ周りに残りがち。エラも取り残しありがちなのでちゃんと取る。

3

写真

血合いは図を参考にしっかり洗う。(取りきれないので深追いはしなくて良い。歯ブラシとか使うと綺麗に取れるらしいけど。)

4

分量外の砂糖たっぷりをタイの全面&内臓部分まですり込み、30分〜1時間ほど置く。
脱水して身を締める+臭み取り。

5

砂糖を水で洗い流し、キッチンペーパーでしっかり水分を拭き取る。キッチンペーパーとラップでぴったり包んで冷蔵庫へ。

6

ここまで魚の購入当日に済ませてください。臭みを抑えるには新鮮なうちにがんばる!

7

写真

■貝の砂抜き
貝類を3%の塩水につけて、アルミホイルで覆う。20度ぐらいの室温に置いて1時間ほど砂を吐かせる。

8

写真

■本体
魚が乗るぐらい大きいフライパンにオリーブオイル、輪切り唐辛子、大きく潰したニンニクを入れ弱火で加熱する

9

写真

魚を片面焼き付ける。
盛付け時に上に来る面を先に(内臓取った切り傷がない面から焼く)
強めの中火で2分ほど。

10

写真

フライ返しなどを使ってひっくり返す。崩れやすいのでがんばる。
ニンニクやハーブを適当に乗せる。弱火でしばらくそのまま。

11

ミニトマトを準備。
ヘタを取り、包丁で皮に軽く切れ目を入れる。こうすることで加熱時に程よく皮がめくれてエキスが出る。

12

写真

白ワインを魚にまわしかけ、沸騰するまで強火。ボコボコしたら弱〜中火で1分ほどアルコールを飛ばす。

13

写真

水、貝類、ミニトマト、オリーブ、ハーブを並べ入れる。蓋して弱火で15分ほど煮る。

14

■仕上げ
貝がパカっと開いたら一旦は加熱オッケー。
汁を味見して塩加減を調整する。

15

魚介の塩分が出てまあまあ味はついてるが、塩胡椒とも足すぐらいが美味しい気がする。
ミルで全体に均一にがベスト。

16

写真

刻んだハーブ類をさらに散らして、蓋して強火にかける。
30秒ぐらいで、蒸気で塩がなじみ、ハーブがしんなりしたら完成!

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

近所の新しいスーパーで魚が充実してたのと、フェンネル(ハーブ)を大量にもらったのでたっぷり使えるものと思ってやってみた。
レシピID : 6756184 公開日 : 21/04/28 更新日 : 21/04/29

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」