幸せ気分♪スウェーデンシュー

幸せ気分♪スウェーデンシュー
初めて作った時は感動でしたw生地だけでも十分おいしいですよー たっぷりクリームを詰めれば幸せ倍増ww
ちょっと手間はかかるけど作る価値アリですよ!

材料 (20個分)

100cc
薄力粉
60g
牛乳
100cc
バター
60g
3~4個
クレーム・パティシエール
牛乳
500cc
125g
6個分
薄力粉
50g
300cc
洋酒
10~15cc
パートシュクレ

1

パートシュクレは2分の1量ほどを切り取り、打ち粉をした台の上で3mmに伸ばす。固くて伸ばしにくい時は麺棒で叩くとよい。生地が割れても練らないこと!伸ばしたら4~5cmのセルクルで20個くらい
オーブンは180℃に余熱しておく
抜く。

2

シュー生地をつくる。鍋に牛乳、水をいれる。溶けやすいように適当な大きさにきったバターも入れ、好みで食塩(分量外)をひとつまみいれる。ただしバターが有塩の時はいらない。

3

鍋を火に掛け、沸騰ぎりぎりまで温める。この時、バターが溶けきる前に液体が沸騰しないように気をつけること。(沸騰すると水分量が変わるので)
沸騰直前まできたら、一旦火をとめて、あらかじめ振るっておいた薄力粉を一気に加え、粉っぽさがなくなるまで木ベラで手早

4

生地を大き目のボールに移し、溶いておいた卵を、4~5回に分けて加えていく。最初は混ざりにくいので木ベラで切るようにしながらまぜる。
時々へらで生地をすくってみて、2~3秒で生地がボトっとおちて、落ちた断面が三角形に近くなる程度の固さに調節する。卵は全量

5

丸い口金(できれば10mmかそれ以上)をつけた搾り出し袋に生地をつめ、真上から垂直に、直径3~4センチの円をしぼりだす。面倒なときはスプーンですくって落としても大丈夫です。焼くと膨らむので3センチくらいは間隔をあけること。

6

生地の上にハケで溶き卵を塗り、①のパートシュクレをのせて包むように軽く抑える。(冷凍するときはこの状態で冷凍)
180℃のオーブンで30分焼き一旦様子を見て、裂け目に色がついていない様ならもう少し焼く。焼けたら金網にとって冷ましましょう。
注:最初の

7

パティシエールを炊きます。
ボールに卵黄を入れ、グラニュー糖を加えて白っぽくなるまで混ぜまず。ふるった薄力粉も加えて、粉けがなくなる程度までまぜます。混ぜすぎない事。

8

鍋に牛乳とバニラを入れて沸騰直前まで温める。温まったら⑦のボールに二回にわけて注ぎ、手早く混ぜるます。
裏ごしで一回こして卵の塊などを取り除いて、もう一回鍋にもどします。バニラは取り出しても入れたままでもいいです。

9

鍋を強めの中火に掛け、木ベラで鍋のそこを満遍なくまぜながらあたためていく。いきなり底が固まってきてモロモロした状態になってくるので焦がさないように力強く手早くまぜる。
全体が滑らかな状態になってもしばらく火にかけていると、弾力のある状態からコシのきれた

10

綺麗なバットかボールに移して、表面にぴっちりとラップをして、氷水にあてて10度前後まで冷ます。
冷めたらボールにうつして、ホイッパーで滑らかな状態になるまで混ぜ、好みの洋酒(キルシュ、コアントロー、グランマルニエ、ブランデー、ラムなど)を加える。

11

別のボールに生クリームを7~8分だてにする。(ホイップクリームで代用するときは200ccくらいに抑えたほうが絞りやすいです)
⑩のクリームに2~3回に分けて加え、ゴムベラでよくまぜる。

12

仕上げ☆
シュー生地の上部をカットする。(もし中に厚い膜のようなものがあったら手で取り除いてください)
中にクリームをたっぷり絞り、蓋をします。
最後に好みで粉糖をふれば完成です♪

コツ・ポイント

意外と知られてないけどシュー生地は冷凍保存できるのです♪食べきれない分は焼かないで、搾り出した形のまま冷凍保存してくださいね。焼く時は鉄板に並べて、普段より10分くらい長めに焼いてくださいませw

このレシピの生い立ち

授業で使ったレシピからアレンジです
レシピID : 85637 公開日 : 03/03/26 更新日 : 03/03/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」