雑誌・料理研究家のレシピが見放題!

根菜のすり流し

一見地味でも、ひと口含んだら滋味深さと手間ひまを実感するおいしさ
根菜のすり流し
now loading...

コツ・ポイント

【昆布のだし汁の作り方】
[材料(作りやすい分量)]
昆布…15×7cm程度
水…5カップ
1.昆布はかたく絞った布巾などで表面を軽くふく。
2.鍋に分量の水と1を入れ、2時間ほどおいたあとに弱火にかける。鍋肌がふつふつとしてきたら火を止め、昆布を取り出す。

【手間ひまかけて、でもその労を見せない料理を作ってふるまいましょう】
お客様にどんなものをお出ししたら喜んでもらえるか不安なときは、「食べやすい
もの」を意識するとよいでしょう。すり流しの材料は、主となる食材とだし汁とわずかな塩けだけと、一見とても素朴。でも実は、手間ひまがかかり、心配りなしではできない料理です。幼い子どもや歯が弱くなったお年寄りでも食べやすく、滋養も満点。
高価な食材や手の込んだ盛りつけは、ときとして食べる人にプレッシャーを与えてしまうことがあります。メニューの中のいくつかは、すり流しのような素朴な料理を取り入れてみてはいかがでしょうか。食べる人のことを思い浮かべながらしっかりと手間をかけつつも、事前に準備しておけばその場では温めるだけでお出しすることができます。

掲載情報
446921f51d44c66302318a4d0f34ba17
お寺のしあわせごはん お坊さんに学ぶ、読んで食べて、心が軽くなる言葉とレシピ
命をありがたく、おいしくいただく料理の作り方、食の作法をお坊さんが伝授します。キッチン空間の整え方から、食器、調理器具の選び方、掃除術にいたるまで、食を通じて仏教の教えを実践し、悩みから解放されるためのヒントと、家庭で簡単に作れる精進料理レシピを紹介します。
著書: 青江覚峰    価格:1200円