雑誌・料理研究家のレシピが見放題!

ごぼうの梅炊き

ごぼう独特の香りに梅干しの酸味と塩けがマッチして歯ごたえよく、かむほどにおいしい
ごぼうの梅炊き
now loading...

コツ・ポイント

【黒くてアクの強いごぼうが、繊細な味わいの一品に。うわべだけで判断したら、この味わいは生まれません】
買ってきたごぼうを切ると、まれに切り口が赤く変色していることがあります。さらに、炒めると青っぽい色に変わってしまうこともあります。これは、ごぼうに含まれるポリフェノールが、空気中の酸やアルカリと反応して起こる現象だそうです。口にするのには問題ありませんが、ごぼう本来の色のまま仕上げるには、酢水にさらすという、ひと手間が必要です。ごぼうの見た目は無骨だし、アクが多く下ごしらえが必要ですが、手間をしっかりかけてやれば味わいは繊細。そんなごぼうの魅力を引き出す、梅との組み合わせをご紹介します。ごぼうの白さと、かむほどに広がる風味は、泥んこのごぼうからは想像ができないおいしさ。うわべで判断することがいかにあてにならないか、実感する一品です。

掲載情報
446921f51d44c66302318a4d0f34ba17
お寺のしあわせごはん お坊さんに学ぶ、読んで食べて、心が軽くなる言葉とレシピ
命をありがたく、おいしくいただく料理の作り方、食の作法をお坊さんが伝授します。キッチン空間の整え方から、食器、調理器具の選び方、掃除術にいたるまで、食を通じて仏教の教えを実践し、悩みから解放されるためのヒントと、家庭で簡単に作れる精進料理レシピを紹介します。
著書: 青江覚峰    価格:1200円