雑誌・料理研究家のレシピが見放題!

いちごのソルベ(写真中央)

IceCream(英語)とSorbet(フランス語)の違いは、乳固形分と乳脂肪分の含有量。アイスクリームのほうがクリーミーです。素材の風味や色をそのまま生かして作るアイスクリームやソルベは、季節を問わず人気です。旬の素材を使って作れば、季節を感じさせるデザートに。そのままはもちろん、ケーキや熱々のパイに添えたり、パフェに盛り合わせたりと大活躍です。
いちごのソルベ(写真中央)
now loading...

コツ・ポイント

・アイスクリームやソルベは、口の中に入れてさっと溶けるくらいが一番おいしい。食べる前に溶けているのもだめだが、冷やしすぎにも注意。作った後冷凍庫に入れておく場合は特に気をつける。ザラついたり、小さな氷の粒が混ざったりすると、おいしさは半減する。
・ソルベは特にフルーツの味や香りを大切にして作っている。イチゴなどは、少量の水で濃度と喉ごしを調整しているが、これも甘みや酸味を大切にしながら。
・加えるシロップやレモン果汁の量は、使用するフルーツの糖度により調節するとよい。

プロフィール
A0e8368febadc6179a3d9bfb1049c1f3
柴田書店
柴田書店は1950年創業。「出版を通じて“食とサービスのプロ”に貢献する」という理念の下、プロの厳しい要求に応える料理書・経営書の数々や『月刊食堂』『月刊専門料理』『月刊ホテル旅館』『café-sweets』 などの専門雑誌を刊行しています。これからも料理業界、外食・宿泊サービス業界のさらなる発展に貢献することを使命として真摯に取り組んで参ります。
著書:音羽和紀(おとわ かずのり)    定価:2,400円(税抜)