肥後っ子弁当

肥後っ子弁当

Description

熊本地魚料理コンテスト出品作品!

材料

シイラのつみれトマト煮込み
A シイラ切り身(血合いの部分は取る)
2切(150g)
A 卵白
1個分
A レンコン(すりおろし)
50g
A 塩
少々
A しょうが(すりおろし)
小さじ1
適量
トマト
1/4個
玉ねぎ
30g
1/2片
B コンソメ
小さじ1
B ケチャップ
大さじ1
B 水
100㏄
B 塩・こしょう
少々
サラダ油
大さじ5
ごま風味わかめの卵焼き
生わかめ
30g
3個
大さじ1
小さじ2
白ごま
適量
C 砂糖
小さじ2
C 薄口しょうゆ
小さじ1
C ほんだし
小さじ1
C 水
大さじ2
さつまいもの甘露煮
さつまいも
1/2本
D 砂糖
大さじ2
D 塩
小さじ1/3
D 水
100㏄
真鯛のマリネ
タイの切り身
150g
塩・こしょう
少々
小麦粉
適量
適量
ミニトマト
3個
アスパラ
4本
玉ねぎ
30g
E しょうが(すりおろし)
小さじ1
E 塩
小さじ1/2
E 酢
大さじ2
E 砂糖
大さじ2
白エビと肥後野菜の炊き込み飯
白エビ
200g
100㏄
2合
水+エビの茹で汁
360㏄
F 薄口しょうゆ
大さじ1
F みりん
大さじ1
F 塩
小さじ1/2
昆布
1片
レンコン
30g
にんじん
20g
アスパラ
2本
海苔
適量

作り方

1

【シイラのつみれトマト煮込み】
Aをフードプロセッサーで粘り気が出るまで合わせ、丸めて片栗粉をつけ下茹でする。

2

みじん切りにしたニンニク玉ねぎを炒め、角切りにしたトマトを入れ、Bの調味料を加え少し煮たら(1)を入れて10分程煮込む。

3

【ごま風味わかめの卵焼き】
水で戻して塩気をとったわかめをごま油で炒め、みりん、白ごまを加える。

4

卵を割りほぐし、Cの調味料を入れ混ぜ、始めだけ卵にわかめを巻き込み、後は通常の卵焼きにする。

5

【さつまいもの甘露煮】
さつまいもを銀杏切りにして下茹でし、一度水を捨てて、Dの調味料を入れ煮込む。

6

【真鯛のマリネ
背を取り除き3㎝位に切ったタイに、塩こしょうし小麦粉を付け油で揚げる。

7

薄切りにし水にさらして絞った玉ねぎ、皮をむき下茹でしたアスパラ、輪切りにしたミニトマト、(6)を一緒にEの調味液に浸す。

8

【白エビと肥後野菜の炊き込み飯】
ニンジンは千切り、アスパラは小口切り、レンコンは銀杏切りにする。

9

白エビの殻をむき、背ワタを取り、酒と一緒に沸騰するまで煮る。

10

(9)のだし汁を裏ごしし、抽出した汁と水、米、白エビ、(8)の野菜、もどした昆布、Fの調味料を全て入れて炊く。

11

炊き上がったら最後に海苔を散らす。

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

熊本地魚料理コンテストに応募いただいたレシピです。
レシピID : 4850076 公開日 : 17/12/19 更新日 : 17/12/19

このレシピの作者

熊本の海でとれた新鮮な魚介類17種類「くまもと四季のさかな」を使ったレシピや熊本県地魚料理コンテストの応募レシピを公開中!料理研究家の渡邉まみ氏考案のレシピも!
★「くまもと四季のさかな」→http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_17266.html

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」