丹後ばら寿司/サバ缶でんぶのちらし寿司

丹後ばら寿司/サバ缶でんぶのちらし寿司
京都の丹後地方では、サバ缶で作る甘いでんぶ(そぼろ)を乗せたバラ寿司で、ハレの日を祝います。子供も、大好きなお寿司です。

材料 (6人分)

すし飯(ID:2149404
米4合分
煮付け
かんぴょう
30g
干ししいたけ
10g
昆布
はがき大
大さじ2
砂糖
大さじ2
醤油
大さじ2
サバ缶でんぶ
サバ缶(醤油味)
200g
砂糖
大さじ2
錦糸卵
2個
ひとつまみ
その他
絹さやのおひたし(ID:2149372
40g
紅しょうが
適量

1

写真

干ししいたけを200ccの水で半日もどす。かんぴょうは水洗いし、塩でもんで30分ほど水にさらす

2

写真

飯を炊き、すし飯を作る。(作り方 ID:2149404)ぬれ布巾をかけて、休ませておく。

3

写真

鍋に干ししいたけ、かんぴょう、昆布、椎茸のもどし汁を入れ強火にかけ、みりん、砂糖、醤油を加え汁が少なくなるまで煮付ける。

4

写真

絹さやのおひたしを作る。(作り方 ID:2149372)緑の彩なら、グリーンピースや、木の芽など、他のものでも良い。

5

写真

サバ缶を煮汁ごと、すべて鍋にあける。骨も柔らかいので気にせず使う。木べらなどで突き崩しながら、中火で炊き始める。

6

写真

汁気が少なくなってきたら弱火に落とし、砂糖を加えてパラパラになるまで炒りつける。こげないように、火加減に注意。

7

写真

ボウルに卵をとき、塩ひとつまみ(分量外)を加え薄焼き卵を焼く。粗熱が取れたら細切りにして、錦糸卵を作る。

8

写真

かんぴょうの煮付けを細く切り、軽く汁を絞ってすし飯に混ぜ込む。

9

写真

深さのある大皿や飯台に、すし飯を盛る。少し押さえて、形を整える。

10

写真

サバのでんぶを乗せて、少し押さえて落ち着かせる。

11

写真

錦糸卵をちらし、薄切りにした椎茸の煮付けを散らす。

12

写真

絹さやのおひたしと紅しょうがをちらせば完成。

コツ・ポイント

大きめの皿に作りましたが、飯台に作ってもいいでしょうし、重箱に作っても見栄えがします。最初から小皿に分けて、盛り付けてもいいですよ。
乗せる具は、サバ缶でんぶ以外は、彩を考えてお好みで。季節感が演出できれば最高です。かまぼこもよく使います。

このレシピの生い立ち

丹後でハレの日を祝うのに、バラ寿司は欠かせません。丹後は久美浜の実家では、春祭に親戚縁者を招くのですが、お餅を入れる大きな“まつぶた”に、20人前くらい大量に作って振舞っていました。そんな記憶から、春になると、バラ寿司が食べたくなるのです。
レシピID : 2149388 公開日 : 13/03/11 更新日 : 13/03/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

19 (16人)

17/03/28

写真

鯖そぼろのばら寿司定番化になりそうです〜ごちそうさまです〜☆

Liy

お気に召したようで嬉しいです。つくっていただき、感謝です!

17/03/04

写真

雛祭りに。あるもので簡単に美味しくできました♪

riotta☆

美味しそうですね~。作っていただき、ありがとうございます!

17/02/19

写真

おいしいお寿司☆お気に入り☆

ピカめし

わたしの故郷の味、気に入っていただき嬉しいです。つくれぽ感謝

16/06/18

写真

懐かしいおばぁちゃんの味。また作ります(・∀・)

ゆみった

お喜びいただけたようで良かったです。つくれぽ感謝です!

1 2 3 4 5