プロの味!簡単にして激ウマな豚汁の秘密

プロの味!簡単にして激ウマな豚汁の秘密

Description

つくれぽ6000件!殿堂入り!!
20ヶ月連続検索1位!本掲載Yahoo紹介感謝!
「違い」を実感せよ!動画も見てね〜♪

材料 (4人分)

------具材------
豚バラ肉
300g
ごぼう
1本
玉ねぎ
1個
人参
1本
大根
1/3本
蒟蒻
1枚
------調味料------
大さじ2
ひとつまみ
味噌
適量

作り方

1

写真

動画でチェック!YouTubeで「こじまぽん助」と検索♪このレシピよりも旨い「僕が家で作ってる」作り方を紹介してます!

2

写真

おかげさまでレシピ本にも掲載頂きました!ありがとうございま〜す^_^

3

写真

「ごぼう」
今回のレシピの肝はこれ!泥ごぼうは丸めたアルミホイルで洗うよ!

4

写真

「下ごしらえ」
ごぼう→2mm幅に斜め切り
玉ねぎ→くし切り
人参→いちょう切り
大根→半月切り
蒟蒻→ちぎって一煮立ち

5

写真

「これが秘密の技」
十分に熱した鍋にごま油を馴染ませてごぼうをイン!
これがとにかくいい味出してくれるんです!

6

写真

「香ばしく」
このぐらいの焼き色に香ばしくなったら、一旦鍋からあげて...

7

写真

「お次は肉!」
ガッツリ強火でこれまた表面を香ばしく!

8

写真

「焼き色」
こんな感じね!
肉の脂は十分に出たかな!?
結構たくさん出るよ

9

写真

「にんにくと生姜」
肉の旨味たっぷりの脂の中に入れて10秒後に...

10

写真

「全ての野菜をイン!」
ここでごぼうも鍋に戻すよ!

11

写真

「味を入れる」
塩、粉末かつおだしをイン!
まだ強火でオーケー!

12

写真

「肉の脂を絡める」
よく混ぜて、野菜の表面が肉の脂でキラキラしてきたら...

13

写真

「蒟蒻」
も投入!で、少量の水を足して...

14

写真

「蓋して中火
10分ぐらい蒸し焼きに!野菜達に火を入れていくよ!

15

写真

ひたひた弱の水」
野菜に火が入ったら、鍋に水を注ぐよ!だいたいひたひたぐらいね^_^

16

写真

「アク取り」
アクが出るので取るんだけど、ざっくりでいいよ!あんまり神経質にやると旨味も一緒に取ることになるから

17

写真

「そのままひと煮立ち
是非味見してみて!この時点で出来上がりが楽しみになるよw

18

写真

「仕上げに」
味を見ながら味噌を溶かして〜

19

写真

「完成!」
熱々を召し上がれ〜

20

写真

さらに美味しいアルティメット版はこちら!
ID5878448

21

写真

豚肉といえば!ポークソテーもおすすめ!外はカリッと中はジューシー♪
ID3227903

22

写真

熱々といえばこれも!辛ラーメンでプデチゲ!
ID5209468

23

写真

豚肉といえば!男の胃袋100%ゲットの豚キムチ!ID2626308

24

写真

スープつながりで!この豚汁を応用したスープの決定版!ポトフはこちら♪ ID5756961

25

写真

ついでにパスタもご紹介!激ウマボロネーゼ!ID4126093

26

写真

絶対失敗しないカルボナーラの作り方!ID5931225

27

写真

肉感MAXハンバーグ!コツはほとんどこねないことだった!ID5923523

28

写真

超しっとりやわらか!鶏むね肉はこうすればよかった!サラダチキンの裏技♪
ID4101699

コツ・ポイント

最初にごぼうを炒めることで全てが変わります!
「味」は「つけるもの」ではなく、素材の中にあるそれを「迎えにいくもの」なんです^_^
Youtubeで"Ponsuke Kojima"と検索していただければ動画も見れますよ♪

このレシピの生い立ち

プロの友人より伝授!

再現性を高めてレシピ化!
レシピID : 2589854 公開日 : 14/04/17 更新日 : 20/01/05

このレシピの作者

YouTubeで動画レシピやってますhttps://www.youtube.com/channel/UC9UBQTRpsgxcH4mM2kkmlFA
分子調理学研究家/ビデオグラファー
「材料は同じ、テクニックも不要、だけど圧倒的においしく作れる」定番料理のレシピが得意です。
普段は食品系企業やメディアのレシピ開発、フードコーディネート、動画/画像制作、大手企業を中心にwebCM制作をしています。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

7,063 (5,745人)

20/05/29

写真

野菜がたくさん取れて嬉しいです!

リコマネチ

20/05/27

写真

出来立て味見して思わず『おいしっ!怖っ!』これからはこのレシピ♪

keke子

20/05/27

写真

とっても美味しく出来ました!!!(*^^*)

HAPPY321

20/05/26

写真

我家の定番になっています。とにかく美味しいベストレシピですね!

在宅勤務のおじさん

1 2 3 4 5
Profile クックQOW5SG☆ 2017年02月15日 23:13
お返事ありがとうございます。
鶏汁参考にさせていただきます。
プロの方なんですか?凄いですね。私は主婦何年やってるんでしょ??いつも同じ物ばかり作っています(*^^*)
こじまぽん助 2017年02月15日 23:46
クックQOW5SGさん
お返事ありがとうございます^_^
料理に関わる道で飯食わせてもらってます!無免許ですがw
僕の料理に対するアプローチは「物理化学」の発想なので、料理研究家の方や、管理栄養士さんとは少し違います。いわゆる「分子調理学」と呼ばれるものです。小難しく聞こえるかもしれませんが、要はテクニックなんかなくてもどーやりゃ料理が旨く出来るのかを追求してるだけですw
思うに、プロ(飲食業を営む料理人)の世界は調理器具、調理法の進歩で、どんどん進化して、どんどんおいしくなっているのに対して、家庭料理は...30年前と比べて変わってるのかな?という疑問があって。そのプロたちの進化具合を家庭料理に落とし込んで「日本中の家庭料理をもっとおいしくしたい」というのが、僕のコンセプトです。
↓つづく
こじまぽん助 2017年02月15日 23:47
↑のつづき
今はたまたまそういう仕事をしてますが、お金が発生するとかしないとかじゃなくて、なんとしてでもそういう未来にしたいんですよ。だからこの場にレシピ投稿をしているわけで。なんか、良いじゃないですか。自分たちの次の世代が、今よりもっとおいしいご飯を食べたり、作ったりしていたら。これこそが「文化」だと思うんです。まだまだ大きなこと言えるほどの人間ではないんですがw もしよければ、応援よろしくお願いします^_^
torukotch 2017年08月10日 17:16
初めまして。
以前こちらの豚汁のレシピを参考に作らせていただき、子供達に好評なので何度かお世話になっています。
ところで手順6で「ごぼうを一旦取り出す」とありますが、面倒くさがりな私は取り出さずそのまま豚肉を加えて一緒に炒めています。
ごぼうを取り出すのはどういった意図があるのでしょうか?
こじまぽん助 2017年08月11日 12:46
torukotchさん!コメントありがとうございます!

ごぼうを一旦取り出すのは、次に焼く「肉にしっかり焼き色をつける」ためです。焼き色をしっかりつけてあげることで、肉が焼けた時の特有の香ばしさ(メイラード反応と言うんですが)が出るんですね。でも、ごぼうが鍋に入ったままだと、
・鍋の温度が上がりにくい
・肉が直接鍋に触れる面積が小さくなる
ことから、焼き色がつきにくくなります。だから、一旦ごぼうを取り出すんです。

ただ、同じことは別の方法でもできるので参考までに。
①ごぼうはそのままにして、別のフライパン等で肉を焼く
こうすれば焼き色はしっかりつけられます。でも、洗い物が増えるのと、焼いた後の旨味たっぷりの脂をこそげ取り切るのが難しいのが難点。
②大きな鍋を使う
大きな鍋で例えば、ごぼうを鍋の端によけて真ん中で肉を焼くって方法もあります。ただ、これをするためには結構でかい鍋が必要なんで、あんまり家庭向きではありません。

ということで、家でやりやすく、かつ確実な方法として「一旦取り出す」に至ったという経緯なんです。

他にも何かあればお気軽にコメントくださいね♪
Profile クック5QMH1I☆ 2017年09月03日 18:52
作り方の欄に自分の他のレシピを押し付けがましく載せるのとか、YouTubeの動画の宣伝とか見てて不快なのでやめたほうがいい。
このレシピに関して言えば結局友達のレシピのパクリなわけだからえらそうにするのもおかしい。
Profile Avocado24 2017年11月17日 15:00
材料を蒸し焼きにするところ等を参考にさせていただき、私もレシピをアップしました。ありがとうございました。
Profile kenta@low 2017年12月27日 00:44
このレシピで里芋を入れるなら、どのタイミングで、里芋の下準備などが有れば教えて下さい。
こじまぽん助 2017年12月27日 08:57
kenta@lowさん
下処理は皮むくだけで問題ないです!
生でも冷凍でも、蒸す前に加えてもらえれば大丈夫!それで、蒸す時間を延長して下さい♫箸を刺して確認しながら、里芋にしっかり火が入るまで蒸してもらえれば!
因みに、このレシピの「蒸す」は、フランス料理の「エチュベ」という手法で、旨味抽出のための工程で。レシピ上では蒸す時間を10分としてますが、もっと長く時間を取った方が旨味が出ます!僕も普段作るときは20〜30分は蒸します。ただ、野菜がかなり柔らかくなるので、食感を残したい場合は様子を見ながらやって下さい♫ それを見越して、野菜をかなり厚めに切っておくって手もあります。
こんな感じで大丈夫ですか〜?
Profile チビケイ 2018年05月20日 20:42
美味しいレシピ、ありがとうございました。

1つ質問なのですが、ゴボウを先に炒めるのは何か意味があるのでしょうか?
多分、普通は肉を先に炒めると思うのですが。