プロの味!簡単にして激ウマな豚汁の秘密

プロの味!簡単にして激ウマな豚汁の秘密
つくれぽ3700件!殿堂入り!
20ヶ月連続検索1位!本掲載Yahoo紹介感謝!!
「違い」を実感せよ!動画も見てね〜♪

材料 (4人分)

------具材------
豚バラ肉
300g
ごぼう
1本
玉ねぎ
1個
人参
1本
大根
1/3本
蒟蒻
1枚
------調味料------
大さじ2
ひとつまみ
味噌
適量

1

写真

まずは動画でチェック!
Youtubeで"Ponsuke Kojima"と検索してみてね^_^

2

写真

おかげさまでレシピ本にも掲載頂きました!ありがとうございま〜す^_^

3

写真

「ごぼう」
今回のレシピの肝はこれ!泥ごぼうは丸めたアルミホイルで洗うよ

4

写真

「下ごしらえ」
ごぼう→2mm幅に斜め切り
玉ねぎ→くし切り
人参→いちょう切り
大根→半月切り
蒟蒻→ちぎって一煮立ち

5

写真

「これが秘密の技」
十分に熱した鍋にごま油を馴染ませてごぼうをイン!
これがとにかくいい味出してくれるんです!

6

写真

「香ばしく」
このぐらいの焼き色に香ばしくなったら、一旦鍋からあげて...

7

写真

「お次は肉!」
ガッツリ強火でこれまた表面を香ばしく!

8

写真

「焼き色」
こんな感じね!
肉の脂は十分に出たかな!?
結構たくさん出るよ

9

写真

「にんにくと生姜」
肉の旨味たっぷりの脂の中に入れて10秒後に...

10

写真

「全ての野菜をイン!」
ここでごぼうも鍋に戻すよ!

11

写真

「味を入れる」
塩、粉末かつおだしをイン!
まだ強火でオーケー!

12

写真

「肉の脂を絡める」
よく混ぜて、野菜の表面が肉の脂でキラキラしてきたら...

13

写真

「蒟蒻」
も投入!で、少量の水を足して...

14

写真

「蓋して中火
10分ぐらい蒸し焼きに!野菜達に火を入れていくよ!

15

写真

ひたひた弱の水」
野菜に火が入ったら、鍋に水を注ぐよ!だいたいひたひたぐらいね^_^

16

写真

「アク取り」
アクが出るので取るんだけど、ざっくりでいいよ!あんまり神経質にやると旨味も一緒に取ることになるから

17

写真

「そのままひと煮立ち
是非味見してみて!この時点で出来上がりが楽しみになるよw

18

写真

「仕上げに」
味を見ながら味噌を溶かして〜

19

写真

「完成!」
熱々を召し上がれ〜

20

写真

肉汁MAX!お店の味がご家庭で!激ウマハンバーグの作り方!
ID4366909

21

写真

豚肉といえば!豚キムチにチーズを合わせたこいつ!マジウマっす!
ID4277913

22

写真

豚肉といえばこれもオススメ!最強のポークソテー!
レシピID3227903

23

写真

酉年にちなんで鶏押しでw 皮はパリパリ!身はジューシー!絶対失敗しないチキンソテー
ID4266433

24

写真

超しっとりやわらか!鶏むね肉はこうすればよかった!サラダチキンの裏技♪
レシピID4101699

25

写真

オススメ!最高に美味しいハヤシライスはいかがっすか〜
ID4217083

26

写真

超オススメ!まるで有名店の味!肉汁溢れる餃子だよ^0^
レシピID4041878

コツ・ポイント

最初にごぼうを炒めることで全てが変わります!
「味」は「つけるもの」ではなく、素材の中にあるそれを「迎えにいくもの」なんです^_^
Youtubeで"Ponsuke Kojima"と検索していただければ動画も見れますよ♪

このレシピの生い立ち

プロの友人より伝授!

再現性を高めてレシピ化!
レシピID : 2589854 公開日 : 14/04/17 更新日 : 17/04/18 English version

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

3,849 (3,346人)

17/04/24

写真

ごぼうをしっかり炒めたらコクが出て美味しかったです♡ ご馳走様♪

ひよじろう♪

このコクいいっしょ^_^また作って下さいね♫レポ感謝!

17/04/24

写真

とても美味しくて何杯もおかわりしてしまいました!また作ります♪

wookie0315

嬉しいっすわ〜^_^レポありがとうございます!

17/04/23

写真

冷蔵庫の野菜で。野菜嫌いの息子も美味しくいただきました!

はるちゃんママ43

それは良かった^_^また作ってあげて下さい!レポ感謝♫

17/04/23

写真

揚げ入りで。おいしくできました♪

micof

いいですね〜^_^是非また!レポ感謝♫

1 2 3 4 5
こじまぽん助 2015年12月13日 01:40
因みに、今回のコメントから、料理の知識をお持ちの方かと思いますので、もしかするとご納得難しい部分はあるかもしれませんが、僕としては「最高の料理を作るためのレシピ」が目標ではなく「家庭の味を手っ取り早く底上げするためのレシピ」が目標なので、そこを踏まえてご理解頂ければ幸いです。
この度は、どうもありがとうございました!今後ともよろしくお願いします!
Profile うどんの腰 2016年09月05日 18:42
以前につくれぽさせてもらった者です。
今日はゴボウの煮物をつくるのに見に来ました。
炒めて、だしの素を加えてから少量の水っていう方程式は他にも使えるかもしれないですねー。
ゴボウの煮物は味が思ったより染み込んでいて、ちょっと味付けが濃いめになってしまいましたが、ゴボウの旨味はしっかり出ています。
こじまぽん助 2016年09月08日 19:29
うどんの腰さん
コメントありがとうございます!
おっしゃる通り色々応用できますよ!
強めに焼き色をつける炒め方は「香ばしさ」を付けたいときに。
だしの素を加えて蒸すのは、食材の旨み抽出に。元ネタはフランス料理の「エチュベ」というテクニックで、本来は食材に塩を加えてスチームすることで、食材に汗をかかせて旨みを抽出することを指します。
どちらにも言えるのは、料理の工程には「必ず意味がある」ので、それを意識して他の料理に応用してもらえると良いと思います!
これからも宜しくお願いします♪
Profile クックQOW5SG☆ 2017年02月13日 19:31
こんにちは。
バラ肉が苦手なのですが、モモ肉では旨味が出ないでしょうか?モモ肉で作るとき
Profile クックQOW5SG☆ 2017年02月13日 19:32
途中でコメント切れてしまいました。モモ肉で作るときのコツはありますか?
こじまぽん助 2017年02月15日 09:23
クックQOW5SGさん
コメントありがとうございます!豚もも肉ですか。正直、あまりオススメではないですね。豚もも肉は、脂とコラーゲンが少ないので、この作り方で豚汁にすると、少々パサっとしてしまうかと。あと、旨味も脂と一緒に抽出されるので、脂が少ない部位な分、どうしても深さが足らなくなります。
もし、どうしても豚もも肉で!ということであれば、できるにゃできます。ただ、柔らかく、美味しく仕上げるのは結構手間かかります。肉の一部を出汁用に、残りを別に調理して柔らかく仕上げ、最後に合わせ、寝かせて味を入れる。とか。(方法は様々あると思いますが)
なので、別の料理に使っていただいた方が良いかと。豚もも肉を手軽に、柔らかく、美味しくいただくには、片栗粉等でコーティングした上で、低めの温度で加熱してあげるのが簡単で良いですね。僕のレシピでいうと「豚キムチーズ」で紹介している肉の焼き方をマネしてもらえれば、かなり柔らかく調理できますよ。この焼き方だけパクっていただいて、あとは野菜炒めなり何なりにしていただいても大丈夫です!
↓つづく
こじまぽん助 2017年02月15日 09:25
↑のつづき
もし「豚バラ肉は脂多いから、もうちょいサッパリした肉で」ということであれば、オススメがあります。それは、鶏もも肉です。「鶏汁」って検索してもらえれば、僕のレシピがありますので、作り方はそちらをご参照ください。
鶏もも肉は、豚バラ肉に比べて脂が少ないんですが、旨味とコラーゲンが多いので、パサつかず美味しく仕上がりますよ!因みに、僕は豚バラより、俄然鶏もも派ですw
是非作ってみて下さい^_^
Profile クックQOW5SG☆ 2017年02月15日 23:13
お返事ありがとうございます。
鶏汁参考にさせていただきます。
プロの方なんですか?凄いですね。私は主婦何年やってるんでしょ??いつも同じ物ばかり作っています(*^^*)
こじまぽん助 2017年02月15日 23:46
クックQOW5SGさん
お返事ありがとうございます^_^
料理に関わる道で飯食わせてもらってます!無免許ですがw
僕の料理に対するアプローチは「物理化学」の発想なので、料理研究家の方や、管理栄養士さんとは少し違います。いわゆる「分子調理学」と呼ばれるものです。小難しく聞こえるかもしれませんが、要はテクニックなんかなくてもどーやりゃ料理が旨く出来るのかを追求してるだけですw
思うに、プロ(飲食業を営む料理人)の世界は調理器具、調理法の進歩で、どんどん進化して、どんどんおいしくなっているのに対して、家庭料理は...30年前と比べて変わってるのかな?という疑問があって。そのプロたちの進化具合を家庭料理に落とし込んで「日本中の家庭料理をもっとおいしくしたい」というのが、僕のコンセプトです。
↓つづく
こじまぽん助 2017年02月15日 23:47
↑のつづき
今はたまたまそういう仕事をしてますが、お金が発生するとかしないとかじゃなくて、なんとしてでもそういう未来にしたいんですよ。だからこの場にレシピ投稿をしているわけで。なんか、良いじゃないですか。自分たちの次の世代が、今よりもっとおいしいご飯を食べたり、作ったりしていたら。これこそが「文化」だと思うんです。まだまだ大きなこと言えるほどの人間ではないんですがw もしよければ、応援よろしくお願いします^_^